ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 親の介護をしないとダメですか?

  • 親の介護をしないとダメですか?

ポイント倍率

親の介護をしないとダメですか?

  • ページ数
    253p
  • ISBN
    978-4-584-13923-3
  • 発売日
    2019年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 前著『産まないことは「逃げ」ですか?』で世の中の「不妊治療」の今を女性の立場から描き、大きな影響を与えた著者が、今度は「両親介護の現実」を赤裸々に描きます。
    母と娘の徹底的な献身の末に辿り着いた思い。「それでも・・・親の介護をあなたはできますか?」超高齢化社会で誰もが自分の老後を考えるためにも必読の作品です。
  • ※発売日が変更になりました
    8月5日→9月13日

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

『週刊新潮』の「TVふうーん録」コラムニストで
フジテレビ「Live News it !」コメンテーターの
吉田 潮さんが多くの中高年が直面する「親の介護」問題。
自分の父が「認知症」となった体験をもとに、本音で書き下ろしました。
親を愛すればこそ「介護疲れ」につながる矛盾と真摯に向き合い、
著者は、一つの「答え」を導き出しました。

2018年の春、認知症の父を特養老人ホームに入れました。
ものすごくラッキーで、ものすごく速攻でした。
でもそこに至るまでの数年間、苦しんだのは老々介護の母でした。
「母を救いたい」と思ったのが、ホーム入居のきっかけでもありました。
私は在宅介護をしません。一切いたしません。
介護される父の姿をみて、母の姿をみて、心に決めていました。
実は、ホームヘルパー2級の資格も持っています。
十数年前に興味本位でとりました。 でも、これを生業にしようとは思いませんでしたし、今も思っていません。
やはり介護はプロに任せた方がいい。
老人ホームの問題は多々あるようですが、まだ入り口に立ったばかりなので、
実情はわかりません。そこはこれから長い付き合いになっていくのだろうな、と
思っています。
妻や子供が介護をするのが親孝行ってもんだろう、と言われても、私は違うと思います。
家族の介護には限界がある。
儒教の国の日本では、介護に関して、「罪悪感」が大きい。
介護と親孝行--いかにしてその罪悪感を減らすか、なくすかが課題だと思うのです。

親孝行か自己犠牲か、理想と現実の葛藤のドラマ。
老いた両親を持つ子供として介護とどう向き合い、どう取り組むべきなのか。
「優しさ」が「苦しさ」に変わる機微を捉えた本書が無理をせずに、
持続性ある介護のあるべき姿のヒントになると思います。
当代随一の本音コラムニストが、家族との関わり方について
独特の感性で認知症の父、母、姉と自分の家族のドラマを
笑いあり、涙あり、時に愛や憎しみもある実例として描きました。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 親の介護をしないとダメですか?
  • 親の介護をしないとダメですか?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中