ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 今ひきこもりの君へおくる踏み出す勇気

  • 今ひきこもりの君へおくる踏み出す勇気

今ひきこもりの君へおくる踏み出す勇気

  • ページ数
    229p
  • ISBN
    978-4-584-13917-2
  • 発売日
    2019年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,389 (税込:1,500

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 君の「生きづらさ」の正体とは…。そもそも、なぜ「ひきこもり」となってしまったのでしょうか。自分がダメ人間だから?甘えているから?はたまた親のしつけが悪かったから?いいえ、違います。その考えはいったん捨ててください。ひきこもりの多くは「発達障害」と関係しています。(本書より)
  • ※発売日が変更になりました
    6月27日→8月3日※商品名が変更になりました。
    暗闇から手を伸ばせ→今引きこもりの君へおくる踏み出す勇気
目次
第1章 「自分のトリセツ」を作ってみよう―「ひきこもりの壁」発達障害と向き合う(「ひきこもり」とは何か
ひきこもりの本当の問題 ほか)
第2章 暗闇から手を伸ばせ―“7つの実例”ひきこもりの絶望から脱出できた理由(ケースA 雑談ができない、空気が読めない、女子社員から仲間はずれ(女性28歳/ひきこもり歴4年)
ケースB 体調不良がひど過ぎる、朝起きられない、仕事中に機能停止(男性32歳/ひきこもり歴10年) ほか)
第3章 僕はこうして「ひきこもり」から立ち直った(元ひきこもりの僕だからわかる君の「生きづらさ」
典型的な自閉症 強烈な“困ったちゃん”だった僕 ほか)
第4章 発達障害を「生きがい」へ変える 「自分流」働き方改革(ひきこもりについての2、3の誤解と事実
発達障害が武器になる「働き方改革」 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

引きこもりは、発達障害(アスペルガー)が原因の一つでもある、と言われる。
2018年内閣府の調査で40歳から64歳までの「引きこもり」が、61万人。その彼らを支える親たちが「無職」になったら・・・今、世間で不安視されているのが、「7040」問題。働けない70代の親とアラフォー世代の働かない息子。生活の破綻は必至である。しかし、その息子たちが働けない原因は、本人が悪い、親が悪いよいう話ではなく、実は、発達障害が関係しているという議論を展開。著者の吉濱ツトム氏は、自らのアスペルガー体験で立ち直った発達障害カウンセラー。氏はズバリ、引きこもりは発達障害が原因の一つであるとする。では、どうすればいいのか? 引きこもり者を治療するという発想を捨て、今の「生きづらさ」を回避し、自らの「長所」でカバーする。社会への小さな第一歩を確実に踏み出せる方法をわかりやすく解説します。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 今ひきこもりの君へおくる踏み出す勇気
  • 今ひきこもりの君へおくる踏み出す勇気

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中