ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • グローバリズムの終焉

  • グローバリズムの終焉

グローバリズムの終焉

  • 馬渕睦夫/著 馬渕 睦夫
    元駐ウクライナ兼モルドバ大使、元防衛大学校教授、現吉備国際大学客員教授。1946年京都府生まれ。京都大学法学部3年在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1968年外務省入省。1971年研修先のイギリス・ケンブリッジ大学経済学部卒業。2000年駐キューバ大使、2005年駐ウクライナ兼モルドバ大使を経て、2008年11月外務省退官。同年防衛大学校教授に就任し、2011年3月定年退職。2014年4月より現職

  • シリーズ名
    「日本再発見」講座 2
  • ISBN
    978-4-584-13795-6
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • “壁”をなくして、私たちは幸せになったのか?世界中に混乱をもたらした、「グローバリズム」の危険性にやっと人々が気がついた―。複雑怪奇な国際情勢を解読し日本の役割を再確認する一冊。“市場”社会から“調和”社会へ。
目次
第1部 「グローバリズム」の欺瞞と危険性(日本が“真”の独立をするときが来た
トランプ大統領誕生の背後にある、米国民の本音
やるべきことは「移民」を生み出す国の環境改善
イスラム過激派テロの裏にあるもの
「保守」対「革新」の対立軸はもう古い)
第2部 「日本経済」は必ず復活する(「アベノミクス」を成功させるウルトラC
経済合理主義時代の終わり
日本人の労働観と日本の伝統的な経営方式
プーチン大統領の構えるミットに投げこむボールは?)
第3部 「日本とは何か」を考察する(「都知事騒動」が私たちに教えてくれたこと
イギリスEU離脱から考える、日本の民主主義
選挙に負け続けているメディアは内なる敵
危機は知らず識らずのうちに近寄ってる
タイ国王が国民に呼びかけた「足るを知る」の意味
真珠湾攻撃を「歴史的な視点」から振り返る)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • グローバリズムの終焉
  • グローバリズムの終焉

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中