ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • チャンスを掴める人はここが違う

  • チャンスを掴める人はここが違う

チャンスを掴める人はここが違う

  • 千田琢哉/著 千田 琢哉
    文筆家。愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒。日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立

  • ページ数
    161p
  • ISBN
    978-4-584-13768-0
  • 発売日
    2017年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 3300人のエグゼクティブと10000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話してきた著者の最新刊!
    警戒心が強くて寂しがり屋という「チャンス」の特性を知り、そのチャンスを掴むための極意を特性、勉強、仕事、人間関係、恋愛に分けて解説する。

    チャンスは、警戒心が強くて寂しがり屋だ。
    この特性を知っているのといないのとでは、
    あなたの人生は雲泥の差になるだろう。
    チャンスを掴むための極意を、
    「特性」「勉強「仕事」「人間関係」「恋愛」に分けて解説。

    「ありがとう」より「ごめんなさい」で差がつく。

    人生で本当に差がつくのは、「ごめんなさい」なのだ。
    相手に何かをしてもらって、「ありがとう」と言うよりも、
    自分が何かミスをした際に、「ごめんなさい」と言うほうが
    遥かに難易度は高いからである。
    「ごめんなさい」は、チャンスを繋げる接着剤なのだ。
    だから、チャンスを掴み続ける人は、
    派手な人ではなく、根が真面目で愚直な人だ。
    どうせ奇跡的に授かった一度の人生なら、
    チャンスを掴み続ける人生を歩もう。
    <本文・プロローグより>

    「チャンス」の特性を知っているのといないのとでは、あなたの人生は雲泥の差になる。チャンスを掴むための極意を解説。
    (「近刊情報」より)
目次
第1章 チャンスの「特性」(チャンスは天邪鬼。
チャンスは日常に転がっている。 ほか)
第2章 チャンスを掴む「勉強」(“必要な勉強”と“好きな勉強”をする。
チャンスは、勉強中の人にやってくる。 ほか)
第3章 チャンスを掴む「仕事」(安くて楽しい仕事は、チャンス。
今いる土俵で横綱相撲を取れるようにしておく。 ほか)
第4章 チャンスを掴む「人間関係」(“NO”の言い方を爽やかに。
苦手な人にも呼吸の如く会釈できるようになる。 ほか)
第5章 チャンスを掴む「恋愛」(チャンスは、吟味する人が嫌い。
駆け引きは、続かない。 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • チャンスを掴める人はここが違う
  • チャンスを掴める人はここが違う

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中