ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 和の国・日本の民主主義 世界最古にして、最先端 「日本再発見」講座

  • 和の国・日本の民主主義 世界最古にして、最先端 「日本再発見」講座

和の国・日本の民主主義 世界最古にして、最先端 「日本再発見」講座

  • 馬渕睦夫/著 馬渕 睦夫
    元駐ウクライナ兼モルドバ大使、元防衛大学校教授、現吉備国際大学客員教授。1946年京都府生まれ。京都大学法学部3年在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1968年外務省入省。1971年研修先のイギリス・ケンブリッジ大学経済学部卒業。2000年駐キューバ大使、2005年駐ウクライナ兼モルドバ大使を経て、2008年11月外務省退官。同年防衛大学校教授に就任し、2011年3月定年退職。2014年4月より現職

  • ISBN
    978-4-584-13745-1
  • 発売日
    2016年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アメリカから「民主主義」を教わったわけではない!西洋文明が生まれる遙か前からわが国には“和”を尊ぶ合議の仕組みがある―日本の“高潔な精神”がわかる一冊!
目次
国体と憲法―「憲法」を改正する前に、「国体」を考えよ
日本語という言霊―世界に類のない「歌を詠む」国家元首
民主主義―「西洋型民主主義」と「日本型民主主義」
企業と農業、そして道徳心―「日本式経営」の復権が“道徳心”を取り戻すカギ
日露の類似性―ロシア人と日本人の意外な共通点
マスメディア―「報道の自由」とは何か
ジェンダー―「男尊女卑」という発想は日本にはない
移民問題―「観光立国」は「亡国」の危機に繋がる
民族主義―「トランプ現象」の日本への影響とは?
分断工作―日本社会を「分断」させてはならない
グローバリズム―「グローバリズム」という甘い罠
自然との共存―「熊本地震」から考える、日本人の自然観
歴史観―「主権回復」の日に思うこと
日露関係―「日露首脳会談」を考察する
経済―今なお続く、世界金融戦争
今後の世界情勢―オバマ大統領の「広島訪問」で歴史の流れが変わった!

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

日本人は古来、民主主義の国だった!外交官として各国を渡り歩いてきた元大使が語る、日本の“温故知新”とは?
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 和の国・日本の民主主義 世界最古にして、最先端 「日本再発見」講座
  • 和の国・日本の民主主義 世界最古にして、最先端 「日本再発見」講座

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中