ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本人が知っておくべき「戦争」の話
  • 日本人が知っておくべき「戦争」の話

  • 日本人が知っておくべき「戦争」の話
  • 日本人が知っておくべき「戦争」の話

日本人が知っておくべき「戦争」の話

  • KAZUYA/著 KAZUYA
    動画製作者。昭和63年3月2日北海道帯広市生まれ。YouTube、ニコニコ動画にニュース、政治などの話題を「KAZUYACHANNEL」にてほぼ毎日配信

ホントの「大東亜戦争史」を語る

  • ISBN
    978-4-584-13652-2
  • 発売日
    2015年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,111 (税込:1,200

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦後70年間、教科書や新聞、テレビが伝えてこなかった、ホントの「大東亜戦争史」を語る。
目次
序にかえて 「歴史」の大切さを知る―日本人が知らない、日本の「戦争」
第1章 「アヘン戦争」と「日本の開国」―列強の“魔の手”が東アジアに迫りくる!
第2章 「朝鮮半島」と「日清・日露戦争」―非白人の希望だった、アジア唯一の強国・日本
第3章 「第一次世界大戦」、そして「満州事変」へ―戦争が日常だった、「世界大戦」の時代
第4章 泥沼化する「支那事変」―ルールなしの大陸で、苦闘し続ける日本軍
第5章 「対米開戦」へ―日本はなぜアメリカと戦ったのか?
結びにかえて 「平和」を望むなら、「戦争」を語れ―「本当の歴史」を次世代へ!

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

僕らのじっちゃん、ばっちゃんの名誉のために、
ニッポンの「戦争」の話をしましょう! 日本は決して「侵略国家」ではありません!
中国、韓国、そしてアメリカなどの“外国目線”ではなく、
自らの歴史観を持つことが大切なのではないでしょうか。
明治維新から、日清・日露戦争、満州事変、日米開戦まで、
戦後70年間、教科書や新聞、テレビが伝えてこなかった
ホントの「大東亜戦争史」を語る一冊!!
■ 平和ボケだった!? 「鎖国」の時代のニッポン
■ いちゃもんをつけて、「清」に戦争をふっかける「イギリス」
■ 独立する気概のない韓国。併合するしかなかった……
■ 「軍部の意のままだった」は本当か?
■ 「お金持ちを皆殺しに!」共産主義の恐怖
■ 7割の戦力さえあれば、英米にも勝てた!?
■ ヒトラーがかすむほどの独裁者、スターリンと毛沢東
■ 「武器によらない戦争」を仕掛けるアメリカ
■ 石油の禁輸は、「宣戦布告」と同じである
■ 白人支配に立ち向かった、アジアのリーダー国・日本
■ 戦後、日本人の「精神」も焼け野原になってしまった……
■ 本来、何の問題もない「靖国問題」 他

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中