ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 埼玉地名の由来を歩く

  • 埼玉地名の由来を歩く

埼玉地名の由来を歩く

  • 谷川彰英/著 谷川 彰英
    1945年長野県松本市生まれ。ノンフィクション作家。東京教育大学(現筑波大学)卒、同大学院博士課程修了。柳田国男研究で博士の学位(筑波大学)を取得。筑波大学教授、理事・副学長を歴任するも、退職と同時にノンフィクション作家に転身し、第二の人生を歩む。文献を丹念にひもとき、実際に現地を取材する手法に定評がある。テレビ・ラジオなどでも活躍。日本地名研究所前所長。筑波大学名誉教授

  • シリーズ名
    ベスト新書 561
  • ページ数
    319p
  • ISBN
    978-4-584-12561-8
  • 発売日
    2017年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

852 (税込:920

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 全国5位730万人もの人が住む埼玉の魅力が地名でわかる!!古代史・街道筋の謎を解く!
目次
第1章 古代史に彩られた「彩の国」埼玉(武蔵国の中心は「埼玉」だった!
秩父に「和銅」の痕跡をたどる ほか)
第2章 現代都市 地名の由来を探る(川口市―キューポラのある街と鳩ヶ谷
蕨市―藁の火を焚いた伝説から ほか)
第3章 埼玉の生んだ偉人の生地を訪ねる(塙保己一―ヘレン・ケラーはなぜ知っていたか
渋沢栄一―「論語と算盤」の思想 ほか)
第4章 「埼玉県難読地名」検定(埼玉
嵐山 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「埼玉」は東日本の中心だった!?731万人を誇る埼玉県のしられていない地名の由来を解く!
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 埼玉地名の由来を歩く
  • 埼玉地名の由来を歩く

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中