ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 尊敬されない教師

  • 尊敬されない教師

尊敬されない教師

  • 諏訪哲二/著 諏訪 哲二
    1941年千葉県生まれ。「プロ教師の会」名誉会長。作家。東京教育大学文学部卒業。埼玉県立川越女子高校教諭を2001年3月に定年退職。「プロ教師の会」は、80年代後半に反響を呼んだ『ザ・中学教師』シリーズ(宝島社)をはじめとして、長年にわたり教育分野で問題提起を続けている

  • シリーズ名
    ベスト新書 494
  • ISBN
    978-4-584-12494-9
  • 発売日
    2016年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

830 (税込:896

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 教師があまり尊敬されないようになってから、かなり時間が経つ。世の中からあまりありがたい存在だと思われなくなった。一方、昨今の教育現場は、いじめ、不登校、校内暴力、学級崩壊、学力低下…と、混乱を極めている。そうするとマスコミや有名識者たちは、その元凶がすべて教師にあると騒ぎ、世論はその風潮に飲み込まれる。はたして、このように諸悪の根源にされるほど、個々の教師はダメになったのだろうか。親は自分の子どもを守るために、教師は自分の矜持を守るために、世論は真実を確かめるために、社会に蔓延する物言いに隠された危険性を世に問いただす。
目次
第1章 教師への誤解(教師の役割
尊敬はフィクションである ほか)
第2章 混迷する教育現場(現場から見た教師像の変遷
占領下の教育現場 ほか)
第3章 子どもはなぜ変わったか(消費社会的近代で育つ子ども
ありのままに育てることは可能か ほか)
第4章 教育を動かすちから(四つの「ちから」の変化
組合員と非組合員 ほか)
第5章 教師が尊敬されない国に未来はない(危険な子ども中心主義
文化的動物としての人間 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 尊敬されない教師
  • 尊敬されない教師

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中