ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • こころはどう捉えられてきたか 江戸思想史散策

  • こころはどう捉えられてきたか 江戸思想史散策

ポイント倍率

こころはどう捉えられてきたか 江戸思想史散策

  • 田尻祐一郎/著 田尻 祐一郎
    1954年水戸市生まれ。東海大学教授。近世儒学、国学、神道などの日本思想史が専門

  • シリーズ名
    平凡社新書 807
  • ISBN
    978-4-582-85807-5
  • 発売日
    2016年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

800 (税込:864

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 江戸時代の思想といえば、封建的な道徳や無味乾燥の教学で埋め尽くされているだろうと思っていた方が、なかなか面白いではないか、今の自分たちと結局は同じ問題にぶつかっていたのだな、そんな風に読んでくだされば、この書物が世に出た意味があると私は思っている。こころを巡る葛藤でつながる江戸時代の人と私たち―。
目次
1 「こころ」の本源を探る(鏡


理)
2 「こころ」を養う(自由
安楽
歓喜)
3 「こころ」の不思議に向き合う(四端
礼楽

悪)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • こころはどう捉えられてきたか 江戸思想史散策
  • こころはどう捉えられてきたか 江戸思想史散策

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中