ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 習近平は毛沢東になれるのか 「一帯一路」と「近代化強国」のゆくえ

  • 習近平は毛沢東になれるのか 「一帯一路」と「近代化強国」のゆくえ

習近平は毛沢東になれるのか 「一帯一路」と「近代化強国」のゆくえ

  • 室井秀太郎/著 室井 秀太郎
    1954年生まれ。東京外国語大学中国語科卒。76年、日本経済新聞社入社。87~90年、北京および上海駐在記者。2002年~17年、日本経済研究センター主任研究員

  • ページ数
    215p
  • ISBN
    978-4-562-05468-8
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 中国共産党と歴代指導者たちの実像をたどりつつ「習近平時代」の意味と影響について丁寧に紹介。現場を間近で見続けてきた駐在記者だからこそわかる中国の実像。
目次
第1章 「強い中国」にこだわる習近平
第2章 中国を大混乱に陥れた毛沢東
第3章 共産党が危機に瀕した天安門事件
第4章 中国を変えた朱鎔基
第5章 宿題に追われる習近平
第6章 トランプに振り回される習近平
第7章 最初からつまずいた日本の対中外交
第8章 習近平は毛沢東になれるのか
第9章 カリスマ目指す習近平

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

元日経中国駐在記者による、自身が見て確かめてきた中国の姿。
見誤ってはならない国情とその指導者の実像、そして彼らの目指すものとは。
噂や観測にまどわされない実直な筆致で、我々が知るべき中国の姿を紹介。
習近平はほんとうに「毛沢東」になれるのか。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 習近平は毛沢東になれるのか 「一帯一路」と「近代化強国」のゆくえ
  • 習近平は毛沢東になれるのか 「一帯一路」と「近代化強国」のゆくえ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中