ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ハロウィーンの文化誌

  • ハロウィーンの文化誌

ハロウィーンの文化誌

  • リサ・モートン/著 大久保庸子/訳 モートン,リサ(Morton,Lisa)
    シナリオ作家、ノンフィクション・ライター。ハロウィーン研究の世界的第一人者として広く知られ、『ハロウィーン・アンソロジー―今に残る文学・歴史的著述』(ブラム・ストーカー賞ノンフィクション部門賞受賞作)などの著作がある。2012年にハロウィーン・ブック・フェスティヴァル大賞受賞。ロサンジェルス在住

    大久保 庸子
    1950年、三重県生まれ。南山大学外国語学部卒業。翻訳家。オハイオ大学大学院(言語学)、ハワイ大学大学院(日本語・日本文学)修士課程修了

  • ページ数
    293p
  • ISBN
    978-4-562-05091-8
  • 発売日
    2014年08月

2,800 (税込:3,024

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 古代ケルト起源といわれる習俗がどのように世界へ広がっていったのか。各地の伝統、仮装、儀式からテーマパークのアトラクションまで、50点以上の図版とともに解説する。ハロウィーンの歴史をめぐる初めての書。
目次
第1章 ハロウィーン―誤解に満ちた祝祭
第2章 イギリス諸島のハロウィーン―スナップアップル・ナイトと二月前夜祭
第3章 新大陸のトリック・オア・トリート
第4章 世界的祝祭―ラ・トゥーサン(フランス)、アラーハイリゲン(ドイツ)、トゥッティ・イ・サンティ(イタリア)
第5章 死者の日―ディアス・デ・ロス・ムエルトス
第6章 ハロウィーンと大衆文化―バーンズからバートンまで

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:TRICK OR TREAT
対象年齢 一般

商品のおすすめ

ハロウィーンとは何か?
異教徒の新年の祝祭として始まったものが、時の流れとともに姿を変え、そのときどきの役割を担ってきた。
不思議なお祭り「ハロウィーン」の「起源」と「歴史」そして「現在」を豊富な図版で紹介。
古代祭礼の点検にはじまり、ハロウィーンがどのように世界に広まり受容されたのか、
知っているようで実のところ誤解も多いこの不思議な祝祭を、商業主義の側面も含め図版とともに解説する。
テーマパークのホーンテッドマンションから、マイケルの「スリラー」、ティム・バートンの映像世界、
日本のゴス仮装少女まで、広くポップカルチャーも取り上げたユニークな一冊。

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • ハロウィーンの文化誌
  • ハロウィーンの文化誌

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中