ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 現場から考える精神療法 うつ、統合失調症、そして発達障害
  • 現場から考える精神療法 うつ、統合失調症、そして発達障害

  • 現場から考える精神療法 うつ、統合失調症、そして発達障害
  • 現場から考える精神療法 うつ、統合失調症、そして発達障害

ポイント倍率

現場から考える精神療法 うつ、統合失調症、そして発達障害

  • 村上伸治/著 村上 伸治
    1989年岡山大学医学部卒業。現在、川崎医科大学精神科学教室講師

  • ページ数
    217p
  • ISBN
    978-4-535-98457-8
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1つの原則でなく、100通りの例外による流浪の精神療法。
目次
第I部 精神療法とは

日常臨床における広義精神療法

支持的精神療法

子どもの精神療法の基本

―初回面接および支持的精神療法

人生を視座とする精神療法

精神療法としての助言や指導:気分障害

急性期の関わり(1)―そばにたたずむこと

急性期の関わり(2)―少し離れてたたずむこと

統合失調症における治療合意へのプロセス

―中井先生から学んだ私の作法



第II部 思春期と発達障害

不登校の理解と対応

思春期心性とこだわり

思春期の行動の問題と発達障害

自分は発達障害ではないかと疑う人たちへ

広汎性発達障害への精神療法

初老期の自閉スペクトラム症者



第III部 番外編

精神科外来科における予診と診察の書記、陪席

生活史健忘

脳から見た心理療法

青木省三の三編について

窮すれば通ず――治療のゆきづまりを希望へ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「心理的影響によって精神障害を治療する方法」は全て精神療法である。言葉を交わさず、患者の前にいるだけの“精神療法”もある。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中