ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 患者満足度 コミュニケーションと受療行動のダイナミズム

  • 患者満足度 コミュニケーションと受療行動のダイナミズム

患者満足度 コミュニケーションと受療行動のダイナミズム

  • 前田泉/著 徳田茂二/著 前田 泉(マエタ イズミ)
    1963年生まれ。東北大学卒。英国国立レスター大学経営学修士課程修了。外資系製薬会社にてマーケティング(市場調査、プロダクトプランニング、eビジネス、患者向け疾病啓発など)に従事後、現在、医療専門の市場調査会社ティー・エムマーケティング(株)に勤務。新規事業部長。NPO日本インターネット医療協議会運営委員、日本プライマリ・ケア学会員

    徳田 茂二(トクダ シゲジ)
    1967年生まれ。明治大学卒。横浜国立大学経営学修士課程修了。大手市場調査会社にて内外の一流企業(飲料、食品、トイレタリ、薬品)の市場調査プロジェクトに従事。近年は、疾病の疫学調査、患者調査を多数手がける。現在、ティー・エムマーケティング(株)チーフマネージャー

  • ISBN
    978-4-535-98227-7
  • 発売日
    2003年09月

1,800 (税込:1,980

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「患者中心の医療」を実践するにあたって、「患者満足度」を“医療の質”と“経営の質”の双方の媒介項となるアウトカム指標としてきわめて有用であることを具体的なデータをもとに整理した。患者満足度調査の調査手法や分析手法についても体系的に整理して、実施するさいの簡単な手引きとしてもらえるようなテクニカルな内容もカバーした。さらに、医師が自らの診療サービスを客観的なアウトカム指標で評価することによって、メディカル・プロフェッショナルとしての本来の「実力、腕」を明確にし、それをよりどころとして新しい医療の道を進むにはどうしたらいいかという点も考察した。
目次
第1章 対話で患者をよべ!
第2章 科学的な医療経営
第3章 患者中心の医療
第4章 患者満足度とは何か
第5章 受療行動のダイナミズム
第6章 コミュニケーションを科学する
第7章 患者満足度調査の実際
第8章 医師と患者の新しい姿

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 患者満足度 コミュニケーションと受療行動のダイナミズム
  • 患者満足度 コミュニケーションと受療行動のダイナミズム

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中