ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ロジャーズ クライアント中心療法の現在 全訂

  • ロジャーズ クライアント中心療法の現在 全訂

ロジャーズ クライアント中心療法の現在 全訂

  • 村瀬孝雄/編著 村瀬嘉代子/編著 村瀬 孝雄
    1930年生まれ。東京大学文学部卒業。東京大学教育学部助手、国立国府台病院、国立精神衛生研究所、立教大学教授、東京大学教育学部教授を経て、学習院大学文学部教授。日本心理臨床学会理事長、日本内観学会会長等歴任。フォーカシングを日本に導入したほか、内観療法・森田療法など、日本の心理療法に関心を持った。臨床心理士。(1998年逝去)

    村瀬 嘉代子
    1959年、奈良女子大学文学部卒業。1959~65年、家庭裁判所調査官(補)。この間、カリフォルニア大学大学院バークレイ校留学。1965年、大正大学カウンセリング研究所講師。1984年より同助教授を経て、1987年同教授。1993年、同大学同大学院臨床心理学専攻教授。現在、大正大学客員教授(名誉教授)、北翔大学大学院教授。博士(文学)、日本臨床心理士会会長、日本心理研修センター理事長

  • シリーズ名
    日評ベーシック・シリーズ
  • ページ数
    270p
  • ISBN
    978-4-535-80653-5
  • 発売日
    2015年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,420

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • クライアント中心療法の大家・ロジャーズ理解の決定版がNBSとして再刊。いまに生きるロジャーズをあますところなく解説。
目次
1 基礎―中核条件をめぐって(事例を通じて ロジャーズとクライアントたち―ハーバート・ブライアン、グロリア、キャシー、ジャン
困難な病態を通じて クライアント中心療法と統合失調症―中核条件のありか
一致 治療者の純粋性について―非行臨床から得られた知見
受容 アタッチメントとしての心理療法の6条件
共感 「共感的理解」とは何をどのように理解することなのか?―そしてリフレクションの復権
プレゼンス プレゼンス―治療者の「もう1つの態度条件」をめぐって
エビデンス リサーチ・エビデンスから見たパーソン中心療法)
2 展開(エンカウンター・グループ エンカウンター・グループ
フォーカシング ロジャーズからフォーカシングへ―セラピーをより効果的にするために
プリセラピー プリセラピー―パーソン中心療法の第1条件(心理的接触)をめぐって)
3 比較と対照(支持療法 心理療法の基底をなすもの―支持的心理療法の場合
精神分析 クライアント中心療法と精神分析―「ロジャーズとコフート」試論
ナラティヴ ナラティヴ・プラクティスとPCA―マイケル・ホワイトとカール・ロジャーズの比較と対照
マインドフルネス クライアント中心療法とマインドフルネス
神経科学 神経科学から見たパーソン中心療法)
4 動向(日本におけるクライアント中心療法―2000年以降の文献史を中心に
クライアント中心療法の国際的動向)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
版数 全訂

商品のおすすめ

クライアント中心療法の大家・ロジャーズ理解の決定版が装い新たにNBSで再刊。いまに生きるロジャーズをあますところなく解説。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • ロジャーズ クライアント中心療法の現在 全訂
  • ロジャーズ クライアント中心療法の現在 全訂

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中