ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 数理物理学における微分方程式

  • 数理物理学における微分方程式

数理物理学における微分方程式

  • 磯崎洋/著 磯崎 洋(イソザキ ヒロシ)
    1950年秋田県生まれ。’72年京都大学理学部数学科卒業。現在、大阪大学大学院理学研究科助教授。理学博士

  • ISBN
    978-4-535-78275-4
  • 発売日
    2000年09月

3,800 (税込:4,180

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は数学、物理学に用いられる微分方程式論の基礎事項とその応用を解説しようとするものです。
目次
第1章 基礎理論(最低限の知識
等周問題
定数係数1階連立方程式 ほか)
第2章 複素領域における常微分方程式(単連結領域での存在定理
多価の解
モノドロミー行列 ほか)
第3章 偏微分方程式入門(Laplacianの基本解
Helmholtz方程式の基本解
波動方程式とエネルギー保存則 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 数理物理学における微分方程式
  • 数理物理学における微分方程式

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中