ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • もうひとつの「心病む母が遺してくれたもの」 家族の再生の物語

  • もうひとつの「心病む母が遺してくれたもの」 家族の再生の物語

もうひとつの「心病む母が遺してくれたもの」 家族の再生の物語

  • 夏苅郁子/著 夏苅 郁子
    北海道札幌市生まれ。浜松医科大学医学部卒業後、公立・民間精神科病院を経て、2000年、やきつべの径診療所を開業。児童精神科医、医学博士、精神保健指定医、日本精神神経学会専門医、日本児童青年精神医学会認定医、日本夜尿症学会会員

  • ページ数
    152p
  • ISBN
    978-4-535-58662-8
  • 発売日
    2014年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 私はなぜ家族へ「当てつけ」るような行動を繰り返したのか。連続射殺犯・永山則夫の成育歴を掘り起し、家族のありようを問い直す。(「近刊情報」より)
目次
第1章 「家族調べ」は、一枚の写真から
第2章 永山事件が問いかけるもの
第3章 私を医師へとかりたてたもの
第4章 日本の精神医療を考える
第5章 私を救ってくれた出会い
第6章 「家族」は合わせ鏡
第7章 精神科医としてのグラン・ジュテ
終章 第二、第三の「私」へ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

精神を病む人が身内にいる、いないにかかわらず、家族の存在は人が生きる支えになると同時に、時に他人より手ごわく、生きる気力を失わせてしまう「魔物」のような存在になり得る。本書では、家族の中に何らかの問題を抱えた人がいた場合、それが家族にどんな影響を与えるのか、前作では書けなかった「ドロドロした闇の部分」に焦点を当てた。

ページの先頭へ

閉じる

  • もうひとつの「心病む母が遺してくれたもの」 家族の再生の物語
  • もうひとつの「心病む母が遺してくれたもの」 家族の再生の物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中