ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 端宗哀史 上

  • 端宗哀史 上

端宗哀史 上

  • 李光洙/著 金容権/監訳 李 光洙()
    1892年朝鮮平安北道定州で生まれる。1905年留学生として渡日。明治学院、早稲田大学で学ぶ。1919年3・1独立運動の起爆剤となる「2・8宣言」を執筆。1940年戦争激化に伴う弾圧に屈し、香山光郎と創氏改名する。1945年反民族行為処罰法で収監。1950年朝鮮戦争で北朝鮮軍に拉致され、平壌で没す

  • ISBN
    978-4-535-58619-2
  • 発売日
    2014年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,750

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 叔父・首陽大君(のちの世祖)により17歳にして王位を追われ殺害された朝鮮王朝第6代国王・端宗の悲劇を、朝鮮・韓国近代文学の祖、李光洙が活写する歴史小説。上巻は、父王・文宗の死から首陽大君のクーデター(癸酉靖難)まで。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

叔父(後の世祖)により17歳にして王位を追われ殺害された朝鮮王朝第6代国王・端宗の悲劇を、朝鮮近代文学の祖が描く歴史小説。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 端宗哀史 上
  • 端宗哀史 上

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中