ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 京の花街 ひと・わざ・まち

拡大

  • 京の花街 ひと・わざ・まち

京の花街 ひと・わざ・まち

  • 太田達/編著 平竹耕三/編著 太田 達(オオタ トオル)
    上七軒にある有職菓子御調進所「老松」主人。池坊学園教授。京都女子大学・立命館大学・京都精華大学非常勤講師。専門は、「食文化」「伝統産業論」。2003年に花街文化研究会を結成、07年12月「花街文化シンポジウム」開催。下鴨神社やぶさめ保存会常任理事。片山能楽財団評議委員

    平竹 耕三(ヒラタケ コウゾウ)
    京都市文化市民局文化芸術都市推進室長。京都市交響楽団ゼネラルマネージャー。京都大学法学部卒業。経済学博士(龍谷大学)。京都工芸繊維大学特任教授(併任)

  • ページ数
    246p
  • ISBN
    978-4-535-58561-4
  • 発売日
    2009年04月

1,900 (税込:2,052

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 京の花街のいま昔を一緒に訪ねてみませんか。花街を総合的に描いた初めての本。
目次
第1部 ひと(花街は今
花街の歴史
花街の誕生と五花街の成立)
第2部 わざ(花街の年中行事
伝統芸能文化と花街
花街を支えるモノとわざ)
第3部 まち(花街の建築
花街の町並み保存―祇園町南側の挑戦
花街はなぜ生きつづけているのか―京都の文化創生と花街)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

舞妓・芸妓をはじめ、祇園南などの景観が人びとを魅了し、京都のまち歩きでも人気の花街の歴史と現在を訪ねる入門ガイド。

ページの先頭へ

閉じる

  • 京の花街 ひと・わざ・まち

拡大

  • 京の花街 ひと・わざ・まち

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中