ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子ども支援の相談・救済 子どもが安心して相談できる仕組みと活動

  • 子ども支援の相談・救済 子どもが安心して相談できる仕組みと活動

子ども支援の相談・救済 子どもが安心して相談できる仕組みと活動

  • 荒牧重人/編 吉永省三/編 吉田恒雄/編 半田勝久/編 荒牧 重人(アラマキ シゲト)
    山梨学院大学法科大学院教授。子どもの権利条約総合研究所事務局長、川崎市子どもの権利委員会委員長など

    吉永 省三(ヨシナガ ショウゾウ)
    千里金蘭大学生活科学部教授。子どもの権利条約総合研究所運営委員。兵庫県川西市で中学校教員、市教委指導主事、市子どもの人権オンブズパーソン事務局主幹などを経て現職

    吉田 恒雄(ヨシダ ツネオ)
    駿河台大学法学部教授。専門は民法(家族法)、児童福祉法。民法・親権制度の研究から児童福祉に関心を持ち、児童虐待に関する法律問題や子どもの権利擁護の課題に取り組む

    半田 勝久(ハンダ カツヒサ)
    東京成徳大学子ども学部専任講師。子どもの権利条約総合研究所運営委員。専門は教育制度学。八千代市子ども人権ネットワーク学識者、川崎市子どもの権利委員会委員

  • ISBN
    978-4-535-58521-8
  • 発売日
    2008年03月

2,300 (税込:2,484

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 子どもの自己肯定感の回復・向上、これが子ども支援施策のキーワードだ。川西市、川崎市、多治見市、長野県、大阪府など創意あふれる先進的な自治体が実践レポート。「子どもの安心と救済に関する実態・意識調査」の報告。
目次
子ども支援の相談・救済―はじめにかえて
1 子どもの自己肯定感と権利の救済・保障―子どもの安心と救済に関する実態・意識調査をふまえて(子どもの日々の活動への取り組み
身近な人とのかかわり
安心していられるところ ほか)
2 子どもオンブズパーソン活動の展開(川西市子どもの人権オンブズパーソン
川崎市人権オンブズパーソン
多治見市子どもの権利擁護委員制度 ほか)
3 子どもの相談・救済の多様な展開(教育委員会の取り組み
子ども虐待の救済・防止
子ども相談の新たな展開 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

虐待やいじめなど、子どもの権利侵害を地域でいかに救済・防止するか。子どもの権利条約の策定など7つの自治体の施策を具体的に紹介。

ページの先頭へ

閉じる

  • 子ども支援の相談・救済 子どもが安心して相談できる仕組みと活動
  • 子ども支援の相談・救済 子どもが安心して相談できる仕組みと活動

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中