ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 参加と協働の地域公共政策開発システム

拡大

  • 参加と協働の地域公共政策開発システム

参加と協働の地域公共政策開発システム

  • 白石克孝/編 新川達郎/編 白石 克孝(シライシ カツタカ)
    1957年生まれ。名古屋大学大学院博士後期課程満期退学、修士(法学)。名古屋大学助手、龍谷大学法学部助教授を経て、龍谷大学法学部教授

    新川 達郎(ニイカワ タツロウ)
    1950年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程満期退学、修士(政治学)。財団法人東京市政調査会研究員、東北学院大学法学部助教授、東北大学大学院情報科学研究科助教授を経て、同志社大学大学院総合政策科学研究科教授

  • シリーズ名
    地域公共人材叢書 第1巻
  • ISBN
    978-4-535-58492-1
  • 発売日
    2008年04月

3,000 (税込:3,300

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 持続可能な社会実現のために、公共性概念を再構築し、地域公共政策の開発システムをどう提示するか、5年間の営為の集大成。
目次
第1部 新しい地域公共政策開発システムの前提を考察する(公共性概念の再構築とローカルガバナンス
持続可能な社会と地域公共政策開発システム
現代国家における公共政策の変容とローカルガバナンス―福祉国家と雇用問題の観点から)
第2部 参加と協働の地域公共政策開発システムを構想する(英国における地域公共政策の変容とパートナーシップ政策
英国の地域戦略パートナーシップ(LSP)と地域合意契約(LAA)―マルチパートナーシップを促す地域再生政策の仕組みと実践に向けた取組み
生存科学と地域公共政策開発システム
高島市における参加協働型政策研究―地域パートナーシップにおける大学の役割)
第3部 地域公共政策システムの課題を洞察する(LORC研究の世界的意義づけ
日本の地域公共政策開発システムへのLORCからの提起―持続可能性とガバナンスの架橋)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 参加と協働の地域公共政策開発システム

拡大

  • 参加と協働の地域公共政策開発システム

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中