ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 新公共事業必要論 港湾・空港の整備が日本を救う

  • 新公共事業必要論 港湾・空港の整備が日本を救う

新公共事業必要論 港湾・空港の整備が日本を救う

  • 森田実/著 森田 実(モリタ ミノル)
    政治評論家。1932(昭和7)年静岡県伊東市生まれ。東京大学工学部卒業。日本評論社出版部長、『経済セミナー』編集長などを経て、1973年に政治評論家として独立。著作・論文を著す一方、テレビ・ラジオ・講演などで評論活動を行っている

  • ISBN
    978-4-535-58454-9
  • 発売日
    2008年10月

1,500 (税込:1,650

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世界大危機のなかで資源小国日本の生きる道を探る。大海洋時代を迎えたいま、日本の生き残る道は、立ち後れた港湾・空港の整備にある。
目次
1 なぜ港湾・空港を重視するのか
2 日本の三大主要港湾の現状と課題―日本の産業経済の国際競争力強化をめざして
3 人類と港―港の原点としての島の港
4 北方経済圏を支える北海道の港湾
5 地方経済を支える個性ある港湾都市―釜石港・清水港・博多港
6 中国の上海港・洋山深水港、韓国の釜山港に見るアジア大港湾時代
7 世界のなかにおける日本の空港
8 国民のための公共事業は必要である

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

河川、港湾、上下水道…古来、治山治水は政治の要諦である。水問題は国の文化の水準をも示す。公共事業の出番はまだまだ多い。

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 新公共事業必要論 港湾・空港の整備が日本を救う
  • 新公共事業必要論 港湾・空港の整備が日本を救う

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中