ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 私の「日本エイズ史」

  • 私の「日本エイズ史」

私の「日本エイズ史」

  • 塩川優一/著 塩川 優一(シオカワ ユウイチ)
    順天堂大学名誉教授、日本リウマチ財団名誉理事長ほか。元エイズ対策専門家会議座長、元厚生省エイズサーベイランス委員会委員長。昭和16年、東京帝国大学医学部医学科卒業。昭和17~21年、太平洋戦争時軍医としてビルマ戦線に参加。昭和21年帰国し、東京大学医学部勤務の後、順天堂大学教授、同大学附属病院長を経て、同大学名誉教授。専門は内科(リウマチ学)

  • ISBN
    978-4-535-58416-7
  • 発売日
    2004年10月

2,200 (税込:2,420

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • エイズ発生の機序、そして世界における拡大と研究・対策の進展を踏まえ、世界初のエイズ報告以来のわが国のエイズ対策史を跡づける。
目次
序章 感染症としてのエイズの背景
第1章 手探りの出発
第2章 調査・サーベイランスの開始
第3章 パニックの発生と本格施策
第4章 横浜国際エイズ会議の顛末
補章 二〇〇三年、発見以来二十年、エイズの現在と未来
終章 まとめにかえて
付録

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 私の「日本エイズ史」
  • 私の「日本エイズ史」

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中