ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日常生活のなかの法

  • 日常生活のなかの法

日常生活のなかの法

  • ISBN
    978-4-535-57846-3
  • 発売日
    1990年03月

1,553 (税込:1,708

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自己の所有だからといって、マンションの一室で犬や猫を飼ってもよいか。―些細だが、解決の難しい法律問題は、日常生活のなかに散在している。見過しがちなテーマを追って、新しい視点を探る。
目次
第1部 日常生活と法(動物との共存
天候・気象と法律問題
たばこ文化の日本
肥りすぎと差別
休日と休暇の意義)
第2部 文化と法(美術品の法
芸術文化の助成と振興
放送の多局化と多様化
知的成果の保護)
第3部 メディア・名誉・プライヴァシー(個人情報の保護
病気とプライヴァシー
フィクションによる名誉毀損
ニュースキャスターの役割)
第4部 法の役割(現実に合わないルール
不正通報のモラル
法を守らせる手法
開かれた法廷)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 日常生活のなかの法
  • 日常生活のなかの法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中