ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 不登校・ひきこもりに効くブリーフセラピー

  • 不登校・ひきこもりに効くブリーフセラピー

不登校・ひきこもりに効くブリーフセラピー

  • 坂本真佐哉/編 黒沢幸子/編 坂本 真佐哉
    神戸松蔭女子学院大学人間科学部心理学科教授。臨床心理士。日本家族研究・家族療法学会認定スーパーヴァイザー。琉球大学法文学部社会学科心理学専攻卒業。民間病院や大学病院、スクールカウンセラーなどを経て、2001年神戸松蔭女子学院大学准教授、2009年より現職。2007年度にはニュージーランドのワイカト大学の客員研究員としてナラティヴ・セラピーについて学んだ。システムズアプローチ(家族療法)、ソリューション・フォーカスト・アプローチ、ナラティヴ・セラピーを臨床実践の柱としている

    黒沢 幸子
    目白大学人間学部心理カウンセリング学科特任教授。臨床心理士。上智大学大学院文学研究科教育学専攻心理学コース修了後、医療、産業、学校領域のカウンセラー、東京大学客員研究員等を経て、現職。1998年からは、KIDSカウンセリング・システム研究会を故森俊夫氏とともに立ち上げ、ブリーフセラピー等の研修・実践を展開。ソリューション・フォーカスト・アプローチ、ナラティヴ・セラピー等を軸に、学校、思春期・青年期、家族を主な対象として臨床実践を行っている

  • ページ数
    199p
  • ISBN
    978-4-535-56350-6
  • 発売日
    2016年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,484

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 膠着した時間が動き出す。今できていることに光を当て解決の糸を紡ぐ、温かく鮮やかな手法。
目次
第1部 支援に役立つ発想と技法(困難どころを乗り越える支援のポイント
変化を育む会話のプロセス
コミュニケーションの流れが変わる会話のコツ
回復を支える自然的志向とバリデーション)
第2部 さまざまな実践(受験予備校の現場から
高等学校の現場から
精神科病院における心理相談室の実践から―「家族ぐるみ」「病院ぐるみ」セラピーができるまで
社会福祉の現場から
スクールカウンセリングの現場から
児童相談所の現場から―児童相談所らしさを出ないで支援する
対人関係療法によるアプローチ―不登校からひきこもりに移行した20代半ばの女性を通して
ブリーフセラピーとブリーフサイコセラピーのブリーフなお話)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

不登校・ひきこもり支援の第一線で活動する専門家たちが、からまった糸を解きほぐす臨床心理学の技法をやさしく解説。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 不登校・ひきこもりに効くブリーフセラピー
  • 不登校・ひきこもりに効くブリーフセラピー

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中