ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子どものミカタ 不登校・うつ・発達障害思春期以上、病気未満とのつきあい方

  • 子どものミカタ 不登校・うつ・発達障害思春期以上、病気未満とのつきあい方

子どものミカタ 不登校・うつ・発達障害思春期以上、病気未満とのつきあい方

  • 山登敬之/著 山登 敬之
    1957年東京生まれ。精神科医、医学博士。筑波大学大学院博士課程医学研究科修了。国立小児病院精神科、かわいクリニック等を経て、2004年に東京えびすさまクリニックを開院

  • ISBN
    978-4-535-56339-1
  • 発売日
    2014年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,760

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 思春期はいつもグレーゾーン。悩みか病気かあいまいな子どもと向き合うためにベテラン精神科医が明かすヒント。
目次
子どもと思春期(思春期の「悩み」とこころの「病気」
子どもの「日ごろと違う様子」をどう読むか
集団になじめなくても慌てなくていい
「友だち親子」をどうみるか)
不登校(不登校の昔といま
不登校診療のエッセンス)
うつ病(子どもの「うつ」をどうみるか
子どものうつ病と薬物療法
当世うつ病事情)
発達障害(ヘンな子、変わった子
キレるやつらにゃ理由がある!?
「わたしは発達障害?」と来院する人たち)
精神科臨床(子どもの悩みをきく―専門職として、大人として
説明の工夫
クリニックの精神療法、その周辺)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

病気と悩みの境界線上にある「問題のある子ども」にいかに接するか。援助職、教師、親に向けて実践的な知恵を精神科医が指南する。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 子どものミカタ 不登校・うつ・発達障害思春期以上、病気未満とのつきあい方
  • 子どものミカタ 不登校・うつ・発達障害思春期以上、病気未満とのつきあい方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中