ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アミティ・「脱暴力」への挑戦 傷ついた自己とエモーショナル・リテラシー

  • アミティ・「脱暴力」への挑戦 傷ついた自己とエモーショナル・リテラシー

アミティ・「脱暴力」への挑戦 傷ついた自己とエモーショナル・リテラシー

  • 坂上香/編 アミティを学ぶ会/編 坂上 香(サカガミ カオリ)
    1965年生まれ。映像ジャーナリスト。95年に取材でアミティと出会い、衝撃を受ける。以降、アミティ来日企画やアミティを学ぶ会の運営などにも携わる。犯罪の被害・加害、自分らしく生きられる社会、多様な家族のありかたなどをテーマに、ドキュメンタリー番組を制作してきた

  • ISBN
    978-4-535-56188-5
  • 発売日
    2002年02月

1,700 (税込:1,870

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • テロ、戦争、犯罪、虐待、DV、自傷、薬物依存…その根源は、私たち一人ひとりの中にある。過去の被害・加害体験に自ら向き合わせる「アミティ」の理論の実践から、エモーショナル・リテラシーを個人で、社会に育てよう。
目次
第1章 エモーショナル・リテラシーをひらく(閉ざされた感情との出会い―エモーショナル・リテラシーへの道程)
第2章「隠された過去への叫び」を聴く(「子どもを殺してしまう!」おびえがカルトにのめり込む理由でした―播悦子さんのお話を聴く
「どうか正常に戻りますように」私は、少年に気を送りつづけました―山口由美子さんを迎えて
「よい思い出がない」と気づいたとき、薬をやめようと思った。―幸田智恵さんのお話を聴く)
第3章 アミティのエモーショナル・リテラシー(アミティのまなざしとそのプログラム)
講演 更正プログラムにおける治療共同体アプローチ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • アミティ・「脱暴力」への挑戦 傷ついた自己とエモーショナル・リテラシー
  • アミティ・「脱暴力」への挑戦 傷ついた自己とエモーショナル・リテラシー

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中