ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ロジャーズ クライエント中心療法の現在

  • ロジャーズ クライエント中心療法の現在

ロジャーズ クライエント中心療法の現在

  • シリーズ名
    こころの科学セレクション
  • ページ数
    293p
  • ISBN
    978-4-535-56098-7
  • 発売日
    2004年07月

1,600 (税込:1,760

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • いま、ロジャーズから学ぶべきもの。来談者中心療法が日本に紹介されて半世紀。心理臨床の世界や教育界に大きな影響を与え続けるロジャーズの「すべて」がわかる。
目次
1 基礎と展開(フォーカシングからみた来談者中心療法
ロジャーズとクライエントたち―ハーバート・ブライアン、グロリア、キャシー、ジャン ほか)
2 実践(クライエント中心療法と教育臨床
治療者の純粋性について―非行臨床から得られた知見 ほか)
3 比較と対照(クライエント中心療法と精神分析―「ロジャーズとコフート」試論
心理療法の基底をなすもの―支持的心理療法のばあい ほか)
4 動向(日本におけるクライエント中心療法
クライエント中心療法の国際的動向 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

クライエント中心療法が日本の心理療法に与えた影響は大きい。大幅な改訂を施し、再刊行。

ページの先頭へ

閉じる

  • ロジャーズ クライエント中心療法の現在
  • ロジャーズ クライエント中心療法の現在

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中