ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • エゴパシー 自己の病理の時代

  • エゴパシー 自己の病理の時代

エゴパシー 自己の病理の時代

  • ISBN
    978-4-535-56059-8
  • 発売日
    1997年12月

1,800 (税込:1,980

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「神経症の時代」から「エゴパシーの時代」へ。神戸小学生殺害事件やオウム真理教事件など、若者の満たされないこころの行き着く先は「自己の病理=エゴパシー」。「空虚な自己」「生活ソフト欠乏症」「のび太症候群」「ストーカー」「多重人格」などのキーワードをもとに、現代若者の心理と行動を読み解く。
目次
第1章 「空虚な自己」と「エゴパシー」
第2章 「生活ソフト欠乏症」と「のび太症候群」
第3章 ストーカー―愛と憎しみの病理
第4章 現代若者の攻撃性
第5章 多重人格とその現代的意義
第6章 こころの傷―ジャネ論
第7章 犯罪学方法論の史的考察序論

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • エゴパシー 自己の病理の時代
  • エゴパシー 自己の病理の時代

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中