ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 資源環境経済学のフロンティア 新しい希少性と経済成長

  • 資源環境経済学のフロンティア 新しい希少性と経済成長

ポイント倍率

資源環境経済学のフロンティア 新しい希少性と経済成長

  • デビッド・シンプソン/編著 マイケル・トーマン/編著 ロバート・エイヤーズ/編著 植田和弘/監訳 シンプソン,デビッド(Simpson,R.David)
    米国環境保護庁(EPA)国立環境経済センター研究員

    トーマン,マイケル(Toman,Michael A.)
    世界銀行開発研究グループ気候変動問題リードエコノミストおよびエネルギー環境チーム責任者

    エイヤーズ,ロバート(Ayres,Robert U.)
    国際応用システム分析研究所(IIASA)研究員、フランスNSEAD名誉教授

    植田 和弘(ウエタ カズヒロ)
    1952年生まれ。1975年京都大学工学部卒業後。大阪大学大学院を経て、1981年京都大学経済研究所助手、1984年京都大学経済学部助教授、1994年同教授。現在、京都大学大学院経済学研究科および同地球環境学堂教授。工学博士、経済学博士。専攻は環境経済学、財政学

  • ISBN
    978-4-535-55610-2
  • 発売日
    2009年11月

4,000 (税込:4,400

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 非市場性の環境資源に関する新しい希少性に対して、どのような公的部門の行動が必要となるのか?「環境‐資源‐開発」の新しいパラダイムへ挑戦。
目次
「新しい希少性」という概念の導入
21世紀の鉱物資源と消費
希少性の経済学―議論の状況
生態系の財・サービス、その限界―生物学的多様性と管理手法の役割
浮上する希少性問題―炭素制約下の世界におけるバイオエネルギーと食料との競合
持続可能性とその経済学的解釈
資源、希少性、技術、成長
内生的技術変化、天然資源、成長
経済成長、環境の質、資源希少性の関係の進化的分析
持続可能性のためのツールとしての環境政策
公共政策:イノベーションへの投資の誘発
現代主義の驚異と危険:一つの見解
世代内衡平か世代間衡平か:南の国々からの見方
今日の貧困世界にとっての持続可能な経済発展

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:Scarcity and growth revisited

ページの先頭へ

閉じる

  • 資源環境経済学のフロンティア 新しい希少性と経済成長
  • 資源環境経済学のフロンティア 新しい希少性と経済成長

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中