ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 為替と株で考える経済学

  • 為替と株で考える経済学

ポイント倍率

為替と株で考える経済学

  • 三土修平/著 三土 修平(ミツチ シュウヘイ)
    1949年東京都生まれ。1972年東京大学法学部卒。経済企画庁、神戸大学大学院経済学研究科、愛媛大学法文学部教授を経て、東京理科大学理学部教授。経済学博士(神戸大学)。秦野純一のペンネームで書いた骨髄バンクの小説『しろがねの雲』(潮出版社)は第14回潮賞受賞、同じペンネームによるノンフィクション『椿の咲く日まで―骨髄バンクと土佐清水の仲間たち』(日本評論社)も第20回潮賞最終選考に残る

  • ISBN
    978-4-535-55550-1
  • 発売日
    2007年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,750

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日々伝えられる「今日の円と株の値動き」。この値段はどう決まるのだろう。その謎解きを通して経済学的考え方の筋道をたどる。
目次
第1部 為替相場を考える(投下労働量と価格
比較生産費説
多数財モデルでの為替相場の決定
諸条件の変化にともなう為替相場の変動
物価の国際的格差
国際収支全体から見た為替相場
マクロ経済学から見た国際収支と為替相場
円相場の変遷と「円の実力」)
第2部 資産価値を考える(複式簿記のしくみ
株式会社制度の概観
貸借対照表から見た株価
資産価値の基礎理論
資産価値理論から見た株価
成長する木のたとえ
キャピタル・ゲインの謎を解く
さらなる理解のために)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

商品のおすすめ

円と株の値段はどう決まるのだろうか。このしくみを徹底解剖することで、経済学の基本原理を理解できるよう工夫した画期的入門書。

ページの先頭へ

閉じる

  • 為替と株で考える経済学
  • 為替と株で考える経済学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中