ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • かくして巨額損失は海外で生まれた 日本企業が陥った「失敗の本質」

  • かくして巨額損失は海外で生まれた 日本企業が陥った「失敗の本質」

かくして巨額損失は海外で生まれた 日本企業が陥った「失敗の本質」

  • ISBN
    978-4-535-55159-6
  • 発売日
    1998年11月

1,800 (税込:1,980

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1990年代はリスクの時代。なぜ海外で巨額の損失を繰り返してきたのか。日本を代表する22の企業が海外で起こした経営危機をケーススタディとして、国際経営戦略を再構想する試み。
目次
第1章 大義という毒
第2章 知的財産権という包囲網
第3章 チェックなき組織体制
第4章 異質社会の陥穽
第5章 シナジー戦略の逆襲
第6章 バブルの波が崩れる時
第7章 経営環境の瓦解
第8章 国益と企業
第9章 成功とリスク

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • かくして巨額損失は海外で生まれた 日本企業が陥った「失敗の本質」
  • かくして巨額損失は海外で生まれた 日本企業が陥った「失敗の本質」

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中