ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 虚像累々 検証・地域から問う公共事業

  • 虚像累々 検証・地域から問う公共事業

虚像累々 検証・地域から問う公共事業

  • ISBN
    978-4-535-55136-7
  • 発売日
    1998年11月

1,800 (税込:1,980

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 公共事業の在り方を批判的に問い直すことは、地方にとって長らくタブーとなっていた。そのタブーの陰でいったい何が起きていたのか。分権時代に向けて改革の糸口を提示する。
目次
第1章 虚像累々―だれがそれを必要としたか
第2章 ブラックボックス―入札と費用は適切・透明か
第3章 利権と土建―自治が左右されていないか
第4章 支配―政争の具になっていないか
第5章 漂流―見直しはできなかったのか
第6章 裏回路―介在が闇を深めていないか
第7章 危機―借金財政を招いていないか
第8章 「座談会」無駄と闇の克服に動けるか
第9章 模索―改革の糸口はどこにあるか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 虚像累々 検証・地域から問う公共事業
  • 虚像累々 検証・地域から問う公共事業

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中