ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 創意 事実と道理に即して刑事弁護六〇年余
  • 創意 事実と道理に即して刑事弁護六〇年余

  • 創意 事実と道理に即して刑事弁護六〇年余
  • 創意 事実と道理に即して刑事弁護六〇年余

創意 事実と道理に即して刑事弁護六〇年余

  • 石川元也/著 岩田研二郎/インタビュアー 斉藤豊治/インタビュアー 石川 元也
    1931年長野県松本市生まれ。1954年東京大学法学部卒業。第9期司法修習生。1957年弁護士登録(大阪弁護士会)、現在に至る。日弁連刑事法制委員会委員長(1987~1990年)、法務省法制審議会刑事法部会委員(1989~1995年)、自由法曹団団長(1994~1997年)などを歴任。戦後の「人権と民主主義の擁護」という弁護士活動の陣頭に立ち、現在も日野町事件再審裁判、刑事弁護の拡大等、精力的に取り組んでいる

  • シリーズ名
    ERCJ選書 5
  • ページ数
    287p
  • ISBN
    978-4-535-52483-5
  • 発売日
    2020年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,650

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
第1章 今もなお、現役の弁護団員として―日野町事件再審開始決定
第2章 生い立ちと弁護士となるまで
第3章 弁護士登録当時の大阪の状況と弁護活動―水を得た魚の如く
第4章 公安事件
第5章 官公労のスト権奪還闘争、争議行為と刑事罰
第6章 部落解放同盟の暴力、利権とのたたかい
第7章 毛利与一先生、佐伯千仭先生に学ぶ
第8章 日弁連での刑事立法への取組み
第9章 自由法曹団の活動について

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中