ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 離婚後の子の監護と面会交流 子どもの心身の健康な発達のために

  • 離婚後の子の監護と面会交流 子どもの心身の健康な発達のために

離婚後の子の監護と面会交流 子どもの心身の健康な発達のために

  • ページ数
    250p
  • ISBN
    978-4-535-52339-5
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 子どもがのびのび育つために、親がしなければならない配慮。子の監護にかかわるすべての人にとって必読の書。
目次
序論/社会学者・精神科医からの問題提起(家族紛争と司法の役割―社会学の立場から
子どもの発達と監護の裁判―科学的検討・外部臨床家との連携・検証)
新たな課題/裁判の争点から(「松戸100日面会裁判」が投げかける問い)
課題の検証と対策/あるべき監護法制のために(非監護親との接触は子の適応に必要か有益か
「片親引き離し/症候群」批判
フレンドリー・ペアレント・ルールは子どもを害する
司法は面会交流殺人から子どもと監護親を守れるか
面会交流支援の実情と限界
面会交流の弊害から子どもを守るための調停・審判のあり方―面会交流原則実施論と第三者支援の理論的破綻と実際的危険性
離別後の子の監護に関する考え方―欧米の経験を参考に
「親子断絶防止法」の立法化がもたらす危惧は何か)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

面会交流原則実施の弊害、共同監護の問題点を明らかにし、真の「子の利益」にかなう制度運用のための方策を具体的に検討提示する。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 離婚後の子の監護と面会交流 子どもの心身の健康な発達のために
  • 離婚後の子の監護と面会交流 子どもの心身の健康な発達のために

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中