ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 訴訟と専門知 科学技術時代における裁判の役割とその変容

  • 訴訟と専門知 科学技術時代における裁判の役割とその変容

訴訟と専門知 科学技術時代における裁判の役割とその変容

  • 渡辺千原/著 渡辺 千原
    立命館大学法学部教授。専攻:法社会学。1969年奈良県生まれ。1992年京都大学法学部卒業。1998年京都大学大学院法学研究科博士後期課程基礎法学専攻単位取得退学(法学修士)。1998年立命館大学助教授。2006年より現職

  • ISBN
    978-4-535-52281-7
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,800 (税込:6,380

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 科学技術をはじめとする専門知を裁判はどう扱ってきたのかを検討し、裁判の社会的な役割や専門家の役割等を法社会学的に検討する。
目次
科学技術時代の裁判と専門知
第1部 法廷に立つ科学:日米の経験(合衆国における科学訴訟の展開
事実認定における「科学」:合衆国ベンデクティン訴訟からの考察
科学と裁判の距離:日本における現代型訴訟の展開
科学の不確実性と裁判:フォーラムとしての裁判の可能性)
第2部 訴訟における専門知(専門訴訟パラダイムの問題提起
医事訴訟における専門家と専門知
非専門訴訟における専門的知見の利用と評価
専門訴訟における専門知の導入と手続保障)
第3部 科学技術時代における裁判と法律家(ポスト司法改革期におけるプロフェッション概念の可能性
裁判の専門化と裁判官)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

科学技術をはじめとする専門知を裁判はどう扱ってきたのかを検討し、裁判の社会的な役割や専門家の役割等を法社会学的に検討する。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 訴訟と専門知 科学技術時代における裁判の役割とその変容
  • 訴訟と専門知 科学技術時代における裁判の役割とその変容

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中