ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 論点解説情報公開・個人情報保護審査会答申例

  • 論点解説情報公開・個人情報保護審査会答申例

論点解説情報公開・個人情報保護審査会答申例

  • 森田明/著 森田 明
    弁護士(法律事務所横濱アカデミア)。寒川町情報公開審査会委員、同町個人情報保護審査会委員、葉山町情報公開審査会委員、同町個人情報保護審査会委員(会長)、神奈川県情報公開・個人情報保護審議会委員、逗子市個人情報保護運営審議会委員(就任順)。主な経歴:1955年9月横浜市生まれ。1978年3月中央大学法学部法律学科卒業。1982年4月弁護士登録(横浜弁護士会)。逗子市情報公開審査委員・同市個人情報保護委員(2000年7月~2011年9月)、神奈川大学法科大学院教授(2004年4月~2011年9月)、神奈川県個人情報保護審査会委員(2004年10月~2011年9月)、内閣府情報公開・個人情報保護審査会委員(2011年10月~2014年9月、この期間は弁護士登録抹消)などを経て、2014年10月弁護士登録(横浜弁護士会、再登録)

  • ページ数
    264p
  • ISBN
    978-4-535-52171-1
  • 発売日
    2016年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,500 (税込:5,940

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 情報の開示・不開示を分けるものはなにか。元審査会常勤委員が、豊富な審査会答申から、判断基準と制度運用上の留意点を抽出し、今後の情報公開と個人情報保護を考えるための道筋を示す。
目次
第1部 総論(情報公開・個人情報保護審査会の実情と問題点―答申作成の背景)
第2部 審査会答申の重要論点解説(理由提示の不備をめぐる諸問題―理由の記載に判断の姿勢が表れる
保有個人情報の範囲の考え方―「ひとまとまりの情報」という難問
行政文書該当性について―「対象外」による開示逃れへの対応
法人等の「正当な利益を害するおそれ」の判断における個別事情の考慮―確定申告書添付内訳書の事例から開示可能性を問う
医道審議会医道分科会議事録等に関する答申の諸問題)
第3部 実務上の課題と展望(付言から見た制度運用上の課題―各手続きでの問題点と防衛情報を巡る課題)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

情報の開示・非開示を分けるものは何か。元審査会委員が、重要論点ごとの審査会の判断基準を主な答申例から読み解き、課題を示す。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 論点解説情報公開・個人情報保護審査会答申例
  • 論点解説情報公開・個人情報保護審査会答申例

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中