ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 法実務からみた行政法 エッセイで解説する国法・自治体法

  • 法実務からみた行政法 エッセイで解説する国法・自治体法

法実務からみた行政法 エッセイで解説する国法・自治体法

  • 吉田利宏/著 塩浜克也/著 吉田 利宏
    元衆議院法制局参事。1963年生まれ。1987年衆議院法制局入局。以後15年にわたり議員立法や修正案の作成に参画

    塩浜 克也
    千葉県佐倉市企画政策部財政課。1968年生まれ。1997佐倉市役所入庁。資産税課、総務課を経て、2012年より現職。総務課では、2001年から11年にわたり条例案の策定など法規事務に従事。自治体学会会員。日本自治学会会員

  • ISBN
    978-4-535-52045-5
  • 発売日
    2014年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • かつてない“対話企画”。軽妙な語り口で、国と自治体の法環境、法制のあるべき姿を浮かび上がらせる。初心者でも読み進められる、基本用語集付き!具体的な事例を挙げて、国法と自治体法の両面から、自治体を巡る法環境について紹介。
目次
第1章 実践する自治体(自治体条例の先進性―住基法を変えた?熊本市条例
「ユニーク条例」の法的「適格性」―「朝ごはん条例」って何だ ほか)
第2章 法律と条令の間に(公告式条例と「公布」の性格―その公布方法正しい?
定額給付金と「自治体の事務」―自治事務と法定受託事務 ほか)
第3章 自治体に何ができるか(執行機関としての教育委員会―誰が集める?学校給食費
基本法と自治基本条例―法律(条例)になじまない法律(条例) ほか)
第4章 議会改革と地方分権(議会事務局の強化―改革は竜馬にまかせない
議会に附属機関は置けるのか?―東京電力福島原子力発電所事故調査委員会法の残したもの ほか)
第5章 国法と自治体法(投票の方法―自書式と記号式の間
条例の地域的効果―「非実在青少年」って何だ ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 法実務からみた行政法 エッセイで解説する国法・自治体法
  • 法実務からみた行政法 エッセイで解説する国法・自治体法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中