ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 表見法理の帰責構造

  • 表見法理の帰責構造

表見法理の帰責構造

  • ISBN
    978-4-535-52014-1
  • 発売日
    2014年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

8,000 (税込:8,800

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「虚偽表示」「債権準占有」「表見代理」のベースとなる表見法理とその帰責構造を体系的に考察。待望の本格的研究書。
目次
序 章 問題の所在と本書の課題
 第一節 問題の所在
 第二節 帰責性に関する従来の研究とその問題点

第一章 民法九四条ニ項の帰責構造
 第一節 民法九四条ニ項の帰責根拠
 第二節 民法九四条ニ項の類推適用

第二章 民法四七八条の帰責構造
 第一節 民法四七八条の帰責根拠
 第二節 民法四七八条の類推適用
 第三節 預金取引の二重構造

第三章 表見代理の帰責構造
 第一節 表見代理の帰責根拠
 第二節 表見代理規定の類推適用

第四章 表見法理の帰責構造と他人による行為
 第一節 表見法理の帰責構造の多様性と共通性
 第二節 他人による行為と表見法理

本書収録論文初出一覧

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 表見法理の帰責構造
  • 表見法理の帰責構造

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中