ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 秘密保全法批判 脅かされる知る権利

  • 秘密保全法批判 脅かされる知る権利

秘密保全法批判 脅かされる知る権利

  • 田島泰彦/編 清水勉/編 田島 泰彦
    上智大学文学部新聞学科教授、憲法・メディア法専攻

    清水 勉
    弁護士、日本弁護士連合会情報問題対策委員会委員長、同秘密保全法制対策本部事務局長

  • ISBN
    978-4-535-51939-8
  • 発売日
    2013年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,750

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 国家秘密を守るとの美名のもと、市民の自由と権利を骨抜きにする秘密保全法。私たちの民主的な社会を守るため、徹底的に批判検証する。
目次
1 秘密保全法とは何か(秘密保全法を考える―なぜ法制化か、何が問題か
徹底解剖・秘密保全法―有識者会議報告書と市民の自由)
2 国家の秘密v.s.市民の自由(国家秘密と憲法原理
公務員と守秘義務
国家秘密保全法制と刑事法
秘密保全法制と情報公開
原子力と秘密
国家秘密とジャーナリズム)
3 諸外国は国家の秘密と市民の自由にどう向き合っているか(はじめに―ヨハネスブルク原則を中心に
イギリス
アメリカ
ドイツ
フランス
韓国)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 秘密保全法批判 脅かされる知る権利
  • 秘密保全法批判 脅かされる知る権利

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中