ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 国際刑事法におけるジェンダー暴力

  • 国際刑事法におけるジェンダー暴力

国際刑事法におけるジェンダー暴力

  • ステファニー・クープ/著 クープ,ステファニー(Coop,Stephanie)
    1969年、オーストラリアのメルボルン生まれ。モナッシュ大学(メルボルン)文学部日本語学科・中国語学科卒業後、1992年来日、翻訳者・編集者・記者として働きながら人権NGOで活動。1999年、東ティモール住民投票の国連認可監視員。2005年、青山学院大学大学院法学研究科公法専攻博士前期課程修了(修士論文は研究科長最優秀論文賞)。2008年、国際女性の地位協会赤松良子ユース賞(受賞論文「強制結婚と国際刑事法―『人道に対する罪』としての認定をめぐって」)。2011年、青山学院大学大学院法学研究科公法専攻博士後期課程修了・博士(法学)。現在、青山学院大学法学部・大学院法学研究科非常勤講師

  • シリーズ名
    青山学院大学法学叢書 第1巻
  • ISBN
    978-4-535-51893-3
  • 発売日
    2012年05月

4,800 (税込:5,280

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 女性に対するジェンダー暴力をめぐる国際刑事法の理論的到達点を、近年の豊富な運用の蓄積をふまえて考察する。
目次
第1章 国際犯罪が成立する前提条件
第2章 人道に対する犯罪
第3章 戦争犯罪
第4章 集団殺害犯罪
第5章 ジェンダー暴力と国際刑事法における個人責任の原則
終章 国際刑事法におけるジェンダー犯罪―現状と今後の方向

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 国際刑事法におけるジェンダー暴力
  • 国際刑事法におけるジェンダー暴力

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中