ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 比較法社会論研究

拡大

  • 比較法社会論研究

比較法社会論研究

  • 広渡清吾/著 広渡 清吾(ヒロワタリ セイゴ)
    専門はドイツ法・比較法社会論。1945年福岡県にて出生、京都大学法学部卒業。京都大学法学部助手、東京大学社会科学研究所助教授を経て、東京大学社会科学研究所教授。2009年4月より専修大学法学部教授

  • ISBN
    978-4-535-51661-8
  • 発売日
    2009年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,500 (税込:6,050

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 比較法・法社会学・法解釈学のアプローチからグローバルに変容する現代日本社会と法の全体像を捉える。著者の研究成果の集大成。
目次
第1部 比較法社会論の課題と方法(はじめに―末弘法学から学ぶ
比較の方法について―分類論的方法と問題論的方法
「比較」論、「関係」論および「段階」論 ほか)
第2部 グローバル化のなかの国家と社会(日本社会の近代化と法化
20世紀における競争法の普遍化
グローバリゼーションと日本国家 ほか)
第3部 総合フォーラムとしての法理論(法的判断論の構図―法の解釈・適用とは何か)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 比較法社会論研究

拡大

  • 比較法社会論研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中