ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 憲法の基本原理から考える

  • 憲法の基本原理から考える

憲法の基本原理から考える

  • 只野雅人/著 只野 雅人(タダノ マサヒト)
    1964年、東京都生まれ。一橋大学大学院法学研究科博士後期課程修了。博士(法学)。広島修道大学法学部専任講師・助教授、一橋大学大学院法学研究科助教授を経て、一橋大学大学院法学研究科教授

  • ISBN
    978-4-535-51514-7
  • 発売日
    2006年03月

2,500 (税込:2,700

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「国民主権」などの基本原理を近代憲法の根源から考え、現代への展開と今日の憲法状況を対置してみることで、憲法の理解が深まる。
目次
日本国憲法の制定―神権天皇制から「国民主権」へ
国民主権
代表民主制と直接民主制
代表・選挙・政党
議院内閣制
首相公選論
司法と民主主義
違憲立法審査制
地方自治と国民主権
平和主義と自衛権〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 憲法の基本原理から考える
  • 憲法の基本原理から考える

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中