ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • イギリス近代国籍法史研究 憲法学・国民国家・帝国

  • イギリス近代国籍法史研究 憲法学・国民国家・帝国

イギリス近代国籍法史研究 憲法学・国民国家・帝国

  • 柳井健一/著 柳井 健一(ヤナイ ケンイチ)
    1967年12月東京都杉並区に生まれる。1990年早稲田大学法学部卒業。1998年早稲田大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。1998年山口大学経済学部経済法学科講師を経て、現在、同助教授

  • ISBN
    978-4-535-51413-3
  • 発売日
    2004年03月

5,000 (税込:5,500

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 憲法学の枠組みにおける「国籍」制度が持つ意義を「国籍」概念の相関を中心に比較法的視点を含め考察。
目次
憲法学における国籍研究の意義―試論的考察
第1部 イギリス近代国籍法制の成立(コモン・ローにおける国籍概念の確立
成立期イギリス国籍法制における伝来の国籍取得制度)
第2部 イギリス近代国籍法制の展開(イギリス近代国家形成過程における伝来の国籍取得制度―ラムゼイ事件を題材として
イギリス近代国家形成過程における国籍関係制定法の展開)
第3部 イギリス近代国籍法制の完成(イギリス近代国籍法制完成の萌芽―1844年外国人法制定の意義
国籍を離脱する自由形成についての憲法史的考察―イギリス1870年帰化法の成立過程を題材として
イギリス1870年帰化法制定の意義)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • イギリス近代国籍法史研究 憲法学・国民国家・帝国
  • イギリス近代国籍法史研究 憲法学・国民国家・帝国

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中