ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 意思表示了知・到達の研究

  • 意思表示了知・到達の研究

意思表示了知・到達の研究

  • 小林一俊/著 小林 一俊(コバヤシ カズトシ)
    1933年新潟県佐渡に生まれる。1962年法政大学大学院修了。1988年法学博士。現在、亜細亜大学法学部教授

  • ISBN
    978-4-535-51312-9
  • 発売日
    2002年03月

4,000 (税込:4,400

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、意思表示に対する相手方の了知・不了知および隔地者・対話者に関する問題を研究したものである。
目次
第1部 対話者間の意思表示(相手方の不了知・誤解のリスク
国際取引における了知と到達)
第2部 隔地者間の意思表示(到達と表意者の信頼
中間者介在と到達
到達障害とリスク配分
意思表示の公示に関する適用法規―立法趣旨と資料)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 意思表示了知・到達の研究
  • 意思表示了知・到達の研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中