ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 歴史の中の民法 ローマ法との対話 オッコー・ベーレンツ教授『ローマ法史講義案』を基礎に

  • 歴史の中の民法 ローマ法との対話 オッコー・ベーレンツ教授『ローマ法史講義案』を基礎に

歴史の中の民法 ローマ法との対話 オッコー・ベーレンツ教授『ローマ法史講義案』を基礎に

  • O.ベーレンツ/著 河上正二/訳著 河上 正二(カワカミ ショウジ)
    1953年生まれ。1975年金沢大学法学部卒業。1982年東京大学大学院法学研究科にて学位取得(法学博士)。千葉大学法経学部助教授、東北大学法学部助教授を経て、1993年より東北大学法学部教授として民法講座を担当。現在、東北大学大学院法学研究科教授

  • ISBN
    978-4-535-51279-5
  • 発売日
    2001年10月

3,400 (税込:3,672

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 民法の基礎概念や考え方がどのようにして生誕し、日本法へ連なるのか。オリジンに立ち返り素敵なアイディアを現代に生かしたい。ベーレンツ教授の「ローマ法史講義案」の翻訳と、河上氏による解説・補講からなる。
目次
第1部 ドイツおよび他の近代法秩序へのローマ法の継受
第2部 ローマ法の基礎―古代の農耕的集落ラティウムLatiumの構造およびヘレニズム時代に継受された法理論における
第3部 人の法
第4部 各種の人の財産
第5部 訴権および司法上の権利保護の概要

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 歴史の中の民法 ローマ法との対話 オッコー・ベーレンツ教授『ローマ法史講義案』を基礎に
  • 歴史の中の民法 ローマ法との対話 オッコー・ベーレンツ教授『ローマ法史講義案』を基礎に

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中