ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ILOとジェンダー 性差別のない社会へ

  • ILOとジェンダー 性差別のない社会へ

ILOとジェンダー 性差別のない社会へ

  • 戸塚悦朗/著 戸塚 悦朗(トツカ エツロウ)
    1942年東京都に生まれる。1970年立教大学法学部法律学科卒業。1973年弁護士登録。1990年ロンドン大学大学院(経済政治学院(LSE)LLM課程)卒業。龍谷大学教授

  • ISBN
    978-4-535-51205-4
  • 発売日
    2006年03月

2,800 (税込:3,080

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ILO(国際労働機関)の「対日本勧告」を手掛かりに、日本の男女賃金差別と性奴隷問題の国際的位相を明らかにするジェンダー問題を考えるうえで必読の書。
目次
第1章 ILO創設と男女平等賃金原則の成立(英国
フランス ほか)
第2章 国際機関を動かす女性運動―国際NGO活動のさきがけ(女性参政権運動の高まり
平和会議に参加した早期女性ロビーイスト ほか)
第3章 日本軍性奴隷問題とILO(日本軍性奴隷問題の国際的提起
日本軍性奴隷問題に関するILOの勧告)
第4章 日本の女性賃金差別とILO(突出した日本の女性賃金差別
日本の女性賃金差別は100号条約違反 ほか)
第5章 終章(日本軍性奴隷と女性賃金差別の関係
日本軍性奴隷被害者への支援活動と男性中心主義からの脱却)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

商品のおすすめ

国際人権活動の開拓者の著者が、女性差別の根本原因をILO対日本勧告を手がかりに解明。ジェンダー問題を考える上で必読の書。

ページの先頭へ

閉じる

  • ILOとジェンダー 性差別のない社会へ
  • ILOとジェンダー 性差別のない社会へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中