ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか
  • 炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか

  • 炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか
  • 炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか

炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか

  • 唐澤貴洋/著 唐澤 貴洋(からさわ たかひろ)
    弁護士。1978年1月4日生まれ。
    法律事務所Steadinessを東京港区三田にて運営する。インターネット上の権利侵害の問題に2011年から取り組む。
    2018年、NHKドラマ「炎上弁護人」の取材協力を務める。
    法律に関する相談は、info@steadiness-law.jpまで。

  • ページ数
    206p
  • ISBN
    978-4-534-05648-1
  • 発売日
    2018年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ネットで誹謗中傷を受けていた依頼人のために書き込みの削除請求をしたことに端を発し、殺害予告、個人情報の流出、なりすましによる爆破予告、フェイクニュースに踊らされ殺到するマスコミ、エスカレートする悪質な嫌がらせ…炎上はなぜ起こったのか?どんな実害を被ったのか?そして、なぜ今も戦うのか?すべてを初めて激白する。
目次
プロローグ 100万回の殺害予告が来るまで──誕生日に突然、見知らぬ人から郵便物が届いた
第1章 なぜ、僕が炎上弁護士になってしまったのか
第2章 弁護士を目指したきっかけは、弟の死
第3章 落ちこぼれが弁護士になるまでの茨の道
第4章 弁護士になってからも茨の道は続いた
第5章 ネット社会のゆがみ、人の心の闇を思い知らされた
第6章 100万回の殺害予告を受けても、僕は弁護士を辞めない
エピローグ すべては人権のために

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

〈炎上弁護士〉唐澤氏の波乱に満ちた人生を振り返りながら、ネット社会の実態、被害などを語る。(「近刊情報」より)

炎上弁護士──人はいつからか彼をそう呼ぶ。

事の始まりは、ネットで誹謗中傷を受けていた依頼人のために
書き込みの削除請求をしたことだった。

ネット上で大量に書き込まれる誹謗中傷
拡散される根も葉もない噂、間違いだらけの情報
自宅に届いた「殺害予告」
なりすましによる「爆破予告」
個人情報の漏洩
エスカレートする悪質な嫌がらせ……

炎上はなぜ起こったのか。
真の加害者は誰なのか。
ネット被害に人生を狂わされても、
まだなお立ち向かうのはなぜか。

本書で初めてすべてを語る。
法律の力を信じ、健全なネット社会の実現に向けて。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中