ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • AIをビジネスに実装する方法
  • AIをビジネスに実装する方法

  • AIをビジネスに実装する方法
  • AIをビジネスに実装する方法

AIをビジネスに実装する方法

  • 岡田陽介/著 岡田 陽介
    株式会社ABEJA代表取締役社長。日本ディープラーニング協会理事。1988年愛知県名古屋市出身。10歳でプログラミングをスタート。高校でCGを専攻し、全国高等学校デザイン選手権大会で文部科学大臣賞を受賞。大学在学中、CG関連の国際会議で発表多数。その後、ITベンチャー企業を経て、シリコンバレーに滞在中、人工知能(特にディープラーニング)の革命的進化を目の当たりにする。帰国後の2012年9月、日本で初めてディープラーニングを専門的に取り扱うベンチャー企業である株式会社ABEJAを起業。2017年には、ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指し、日本ディープラーニング協会の設立に参画、理事を務める

  • ISBN
    978-4-534-05626-9
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • AI・ディープラーニングが当たり前の時代。実装に成功した企業が、産業界の未来を創る。

    ◎AIを試験的に導入する時代は過ぎ、いまや実装するフェーズに
    もはや「人工知能を試験的に導入してみよう」という時代は過ぎ、様々な企業が、現実のビジネスにAIやディープラーニング技術を活かした事業展開を行っている。
    そうした動きは決して製造業やハイテク企業に限ったことではなく、小売・流通業や物流などなど、業界や業種を問わず急速に広がっている。

    ◎国内でいち早くディープラーニングに注目してきたITベンチャー経営トップがわかりやすく解説
    本書は、設立わずか6年ながら、すでに国内企業数社でのAI導入支援の実績をもち、
    ディープラーニングが成果を出し始めた2012年よりいち早く同技術に注目してきたITベンチャーである
    ABEJA(アベジャ)の経営トップが自ら語る「AIのビジネスへの実装の具体的方法」。
    どう現実のビジネスに活かせばいいのか? 基本的なしくみから、実装、運用のための成功要件、最新事例までを、文系ビジネスマンでも理解できるように、わかりやすく解説する。
目次
1章 なぜ、いまだにAI導入を躊躇するのか
2章 ネコでもわかるディープラーニングの原理
3章 AIの導入前に知っておきたいこと
4章 データ取得から学習、デプロイ、運用まで―AI導入のプロセスを知る
5章 AIを導入した企業のビフォー&アフター
6章 画像、音声、テキストが新しいビジネスを生む
7章 レバレッジ・ポイントにAIの力を注ぎ込む

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中