ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 教養として知っておきたい 「民族」で読み解く世界史
  • 教養として知っておきたい 「民族」で読み解く世界史

  • 教養として知っておきたい 「民族」で読み解く世界史
  • 教養として知っておきたい 「民族」で読み解く世界史

教養として知っておきたい 「民族」で読み解く世界史

  • 宇山卓栄/著 宇山 卓栄
    1975年、大阪生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。大手予備校にて世界史の講師として人気を博す。著作家として活動。テレビ、ラジオ、雑誌など各メディアで時事問題を歴史の視点から解説するわかりやすさには定評がある。著書多数

  • ページ数
    310p
  • ISBN
    978-4-534-05558-3
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 現在、各国を席捲するナショナリズム、人種差別、移民・難民問題など、民族という「見えざる壁」が世界を引き裂いている。
    われわれ現代人にとって、「民族」とは何なのか。その軌跡をたどり、世界のいまを解き明かす!
    人種・血統を通じて人類のダイナミズムを描く新しい世界史!

    「中国人」は漢人なのか、WASP(ワスプ)はなぜ混血しなかったのか、「ロヒンギャ問題」とは?
    各地で紛争の火種になっている「民族」という視点から、人類の壮大な歴史をたどる。
    人種や血統を手がかりに読み直せば、複雑な世界史は理解できる!
目次
第1部 「民族」はこうして始まった
第2部 東アジアと日本
第3部 世界を支配したヨーロッパの国々
第4部 インド・中東・中央アジア
第5部 複雑に入り組む東南アジアの諸民族
第6部 アメリカ、アフリカ、民族に刻まれた侵略と対立の傷跡
第7部 大帝国の成立―民族の融和
第8部 民族の血統が教える世界

あわせて買いたい、よく一緒に購入されている商品

商品を選択してください

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中