ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか 落語に学ぶ「弱くても勝てる」人生の作法

  • なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか 落語に学ぶ「弱くても勝てる」人生の作法

なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか 落語に学ぶ「弱くても勝てる」人生の作法

  • 立川談慶/著 立川 談慶
    1965年長野県上田市(旧丸子町)生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、(株)ワコールに入社。3年間のサラリーマン時代を経て、91年立川談志18番目の弟子として入門。前座名は「立川ワコール」。2000年に二つ目昇進を機に、立川談志師匠に「立川談慶」と命名される。05年、真打ち昇進。慶應義塾大学卒業の初めての真打ちとなる。数多く独演会を行なうほか、テレビやラジオでも活躍

  • ページ数
    254p
  • ISBN
    978-4-534-05496-8
  • 発売日
    2017年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 落語界の名物キャラクター・与太郎は、間抜けな失敗をしでかす愚か者の代名詞だが、かの立川談志は
    「落語は人間の業の肯定。与太郎はバカではない」と汚名返上の活動をし続けた。
    この談志の教えに沿って、慶應大学卒業後、ワコールの営業マンを経て、約10年という異例に長い前座生活を乗り越えた著者が放つ、
    日本初、いや、世界初の「与太郎をお手本に自分の人生を生き抜こう」という本がついに完成。
    現代は病んでいる。だからこそ手元に置いておきたい、1人1冊の万病に効く常備薬!


    現代は病んでいる。だからこそ、落語界の名物キャラクター・与太郎を手本に人生を生き抜こう!
    (「近刊情報」より)
目次
第1章 与太郎はなぜ愛されるのか―落語の名物キャラ、かく語りき
第2章 喜―「調子に乗るな」という小言を疑え
第3章 怒―「男は黙って我慢しろ」という美徳を疑え
第4章 哀―「自分はダメ人間」という呪縛を疑え
第5章 楽―「お前は何も考えてないな」という侮蔑を疑え
第6章 色恋―女の「あなただけ」という発言を疑え
第7章 お金―「老後に備えろ」という常識を疑え
第8章 仕事―「働かざる者食うべからず」という慣用句を疑え
第9章 ばくち(勝負)―「勝てば官軍」という甘言を疑え

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか 落語に学ぶ「弱くても勝てる」人生の作法
  • なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか 落語に学ぶ「弱くても勝てる」人生の作法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中